グローバリーテック株式会社 沿革

1995年2月 京都市南区に『グローバリーテック株式会社』設立準備室開設。
1995年5月 京都市伏見区にて『グローバリーテック株式会社』を創立。山本博司が代表取締役に就任する。
1995年6月 電子部品及び半導体製造装置の製造を受注。
1996年2月 太陽光発電装置の開発、製造を受注。
1997年9月 京都市南区の現本社工場を収得、移転。
1997年10月 土質試験器の開発、製造を受注。
1998年6月 カスタムLSI用検査システム機の開発、製造を受注。
2001年5月 液晶パネル製造装置、ソフト開発及び設計、製造を受注。
2003年8月 ISO9001認証取得 本社
2005年5月 新規事業「高濃度酸素水供給装置」(農作物の育成促進を可能にする装置)の開発に着手
2005年5月 京都市南区上鳥羽に第2工場(製造) 開設
2005年9月 KES STEP-2 環境マネジメントシステム 認証取得
2005年11月 京都府中小企業「優良企業」表彰。
2007年3月 「高濃度酸素水供給装置」で京都市中小企業センターより『オスカー認定』表彰される。
2008年9月 大阪府吹田市に大阪工場 開設
2013年2月 京都市南区久世に第3工場 開設
2013年4月 KBS京都「京bizS」にてテレビ紹介される
2015年6月 京都市南区上鳥羽に第4工場 開設
2015年8月 ISO9001認証取得 大阪工場
2015年12月 レーザー事業部を立ち上げ
2018年7月 大阪府吹田市川岸町に大阪工場 移転
グローバリーテック ページ ページトップへ